公立高校の国語の入試問題|大学受験のような対策が取りにくい

公立高校入試の国語の問題は大学入試の国語と異なり対策が取りにくいです。

大学入試は、

  • 語彙力(漢字だけでなく言葉を知っているかどうか)
  • 背景知識(事前知識として文章のテーマが頭に入っているか)
  • 論理力(接続詞を中心にした構文・指示語)

何をすればいいのかはっきりとわかっています。

しかし、公立高校の入試を見ると、私の国語力がないことが原因なのですが、

これら3つ(漢字を知っているかどうかは重要だが)を意識しなくても、それが答えだから答えになるでしょ?そうなるのは当たり前でしょ?

と、あまりにも簡単すぎて、子どもたちの何を確認したいのか分からない問題が多い一方

なんでそれが答えになるの?

こんな量を普通の中学生がこんな時間で解ききれるのか?

と疑問に思うこともあります。