新しい大学入試で英語は大きな問題を抱えているみたいです。

また、数学は文章記述問題の導入も見送られました。

そして、世間では英語ほどは騒ぎ立てられていない国語も大きな問題を抱えているみたいです。

そんな中

現役の高校・大学・予備校の教師が「国語教育の危機」の著者紅野謙介氏による編で出版されたのが

「これからの国語教育」です。

間違えて10冊購入してしまったので、大学入試に関心のあるかたがおられましたら差し上げます(塾に関係のある方限定)。

さっと流して読んだところ「国語教育の危機」までとは言いませんが、集中して読まないと文字をたどるだけで何を書いているのかつかめなくなると思います。

新しい大学入試が今の高校2年生から始まるというのに、結局まだ何も決まっていない状況・・・

割を食うのは受験生ですよね・・・

 

3回読ませてもらいましたが、大学入試は本当にどうなるのでしょうか・・・

Twitterでフォローしよう