プログラミング教育が小学校で必修化されます。

教科化されるわけではないので、目に見えて大きく変わることはあまりないとは思いますが、多くの方が気になっているはずです。

プログラミング教育

今回プログラミングを必修にした目的の1つは「プログラミング的思考」を育むことだそうです。

ベネッセのサイトに詳しく書かれているので気になる方は「ベネッセのプログラミング教育情報」で検索してみてください。

何が身につくの?

プログラミングを学ぶことで

  • 創造力
  • 表現力
  • 計画力
  • 論理的思考力
  • やり続ける力

などが、身につけられる!!

プログラミング教育を肯定的に捉えている人はそのように言います。

しかし個人的に、「本当にプログラミング(的思考)教育をするだけで、そんなにいいことばかりが起こるのかな?」と疑問に思っています。

プログラミング言語

レイズでは巷ではやっているブロックや段ボールを使ったキットは利用しません。

一時期利用をするか迷っていましたが、止めました。

あれは確かに面白いですが、どう考えても私が思っている学び方とは違うと感じたからです。

あれをすることで自分で考える力・論理力・やり続ける力などが身につくということがネットや本に書かれていますが、個人的にはそうは思えません。

仮にプログラミング(的思考)が思考力・論理力などが身につけられるとしても、それが唯一の方法ではないはずです。

学校の勉強や遊び、作文、読解、哲学対話などを重視するほうが、子供たちが身につけておいた方がいい力を身につけられるというのが私の考えです(もちろん、プログラミングでそれができるという意見は否定しません)。

ただ、プログラミング言語を学ぶことは、少なくとも現時点では大きなプラスになると考えています。

そこで、レイズではプログラミングをしたければいつでもできるようにしておき、関心を持った子が自分の意志で学ぶ形式を取ることにしました。

プログラミングは近いうちに知識がなくても誰もが簡単にできるようになる可能性が高いみたいなので、

10年後にはプログラミング言語を学ぶことに意味がなくなるかもしれませんが、

少なくとも現時点では、プログラミングができればやりたいことの幅を広げられるはずです。

ブラインドタッチ

プログラミング言語を学ぶには、ブラインドタッチができる必要があります。

パソコンに触れたことのない子は、ブラインドタッチの練習ソフトを利用して、ブラインドタッチをできるようになってください。

パソコン(第8世代i5‑core|8GB)

当初3台購入する予定だったのですが、ヨドバシカメラの店員に直接話を聞いたところ

「値段をケチって低いスペックのもの(Celeronや旧世代のcore/4GB)を購入すると作動しないこともある」と言われたので、

2台購入するだけで予定金額をオーバーしてしまい3台置くことができなくなりました。

利用者が多ければ、新たに購入します。

マイクロビット

お手ごろな値段で、簡単にプログラミングが学べる「マイクロビット」というものがあります。

これも試しに塾に置く予定です。

注意事項

塾長である私がプログラミング言語を教えるわけではありません(ホームページ作成のため、HTML、CSSの最低限の知識を入れましたが、プログラミングに関しては素人)。

無料でプログラミングを学べるツールがあるのでそれを利用します(無料でもかなりわかりやすそうなので、私もこれを機にプログラミングを独学で始めます)。

パソコンを子供に使わせたくないと思われる方は私が思っている以上に多いと思うので、やるかどうかは完全に任意にします。

原則小学生を対象にしています。

中学生は定期テストで平均点プラス80点以上を安定している子以外は利用できません。

Twitterでフォローしよう