中学時代に勉強をさぼってきた子でも

高校1年から少しずつ勉強習慣をつけていけば(高校2年の夏休み位までなら中学レベルの内容が分からなかったとしても間に合うはずです)

福岡大学はもちろん

西南学院大学にだって合格できます。

 

なぜなら

共通テストの問題を知識がゼロに近い状態から1年で7割以上取れるようには99%なりませんが

西南・福大であれば英語・選択科目の2科目は1年本気で勉強をすれば7割以上取れるようになるからです。

 

今はまったく勉強ができないけど西南・福大に合格したいと思った人は今から頑張ってみてください。

英検5級に合格できない実力

中学時代勉強をさぼってしまい中学では良い成績を取ることができなかった。

フクトでは科目によっては偏差値50以上のものがあったけど5教科合計になると50以上を取ったことがない。

おそらく100人中30人くらいはこのような感じだと思います。

中には1ミリも勉強をしたことがなく中学で身に付けておくべき知識がほぼゼロに近いという子もいるはずです。

そのような子が高校進学後

福岡大学を目指す!!

と言ったところで、だれ一人信じる人はいないはずです(中学の時に平均点すら取れていなかった子は大学受験を考えることすらないかもしれませんしね)。

あっ、そう・・・

口だけなら誰でも言えるよね

せいぜい頑張って

と相手にされることはないでしょう。

周りから相手にされないどころか

福大に合格したい!!

と口にした本人でさえ

ま~、無理だろうな…

と内心思っているはずです。

 

中学のときに

先生からも親からも友達からも

バカだと思われていた人が

「福大を目指して頑張る」なんて言ったところで

あまりにも現実味がなさすぎて

バカが何か言っているとしか思われないわけです。

 

では

フクトですら偏差値50を取ったことがない人

50どころか偏差値30台だった人が

福大に合格するのは絶対に無理なのでしょうか?

 

当然

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可能なんです!!

 

 

そう断言できるのは

塾長である私がそのような経験をしたからです。

私の高校1年の時の成績

私は中学時代ほとんど勉強をした記憶がなく

中3の夏休みに受けたフクトでは偏差値38

後に母校となる高校がE判定

春吉中学校の近くにある私立高校もC判定

ここまで悪い成績を取れる人は滅多にいないんじゃないか?

というくらいひどいものでした。

 

おそらく

高校1年に入学した直後は英検5級に合格する実力すらなかったはずです。

 

自分の成績が悪かったといくら書いても証拠がないから信じられないという声をもらったので証拠の写真を張っておきます。

おそらく高校で初めて受験した模試(1年の7月に実施された第3回進研模試)の結果です。

少し見づらいので数字を書いておきます。

数字は左から獲得点数・全国偏差値・校内偏差値です。

獲得点数全国偏差値校内偏差値全国順位
国語22点43.251.8301,745 / 398,961人
数学24点41.262.1305,921 / 395,988人
英語11点37.046.4399,039 / 374,482人
総合57点38.057.4394,965 / 349,017人

英語は全国偏差値が37しかありません・・・

でも、下に2万人以上いるのもすごいですね。

また、全国偏差値が38.0なのに、校内だと57.4になっています。

これを見れば、母校がどれだけとんでもないお馬鹿高校だったことが分かってもらえるはずです。

 

こんな私ですら

現役で明治・中央・西南学院大学に合格できたのですから

勉強が極端に苦手でない限り西南くらいなら誰でも合格できるに決まっています。

高校時代の私の偏差値についてステップUPの【私の偏差値推移】に書いてあるので、気になる人は確認してみてください。

 

なお

「偏差値30台から○○大学に合格」なんて謳い文句を書いてある本・サイトを見ることがありますが

その内容を見る限り

中学時代はそこそこの実力があったものの高校進学後勉強をさぼって適当に模試を受けたら進研模試で偏差値30台になってしまった

というもので

私のように中学の内容が分からない次元から一定レベル以上の大学に合格したわけではないみたいです(もしそうなら、それをアピールポイントにしているはずなので)。

 

レイズは

講師自身が身をもって

超低レベルの実力からある程度の偏差値の大学に合格した経験しています。

だから

  • 偏差値30台から合格をするためにどれくらいの努力が必要なのか
  • 本当に合格できるのか

を生徒たちにはっきりと伝えられる数少ない塾の1つ。

福大であれば生徒のほぼ全員が合格

2021年~23年は3年連続偏差値合計6人(延べではなく実数)が30台から福大に合格した子たちがでてきているんです。

西南・福大なら十分合格できる

中学時代に平均点すら取れていなかった人からすると

福大ですら

自分なんかには無理

自分とは頭の出来が違う天才じゃないと合格できない

と思いますよね?

 

でも、現に私でも合格できてしまったので、誰でもやれば合格の可能性はあるはずです。

 

気になるのは

私がどれくらい勉強をしていたか

ですよね?

私は

高校1年のときから

学校の授業が終わってから学校が閉まる夜の7時くらいまで残って勉強

家に帰ってからも寝るまで勉強

休日に遊んだりサッカーをしたりはしたけど、特に用事がないときは勉強

という生活をしていました。

西南・福大を受験する高校3年生よりも勉強をしていたはずです。

 

高校に入ってから勉強を始めた人で

何をすれば合格に近づくのか一切アドバイスも受けず

闇雲に勉強をやってしまうと

このくらいの努力をしなければ西南・福大レベルの大学には合格できないわけです。

 

しかし

中学時代に勉強をしてこなかった子が高校になったからと言って急に1日5時間の勉強をするようになるなんて普通は起こりえません。

現に私が高校を卒業後数千人の卒業生がいるのに、私のような実力から私と同じようなことをやってのけた人は一人もいないみたいです(母校の先生とたまに会うことがあるので、そういう情報は手に入る)。

それを考えると、やはり中学時代に勉強をさぼってきた子が現役で西南・福大レベルの大学に合格するのは不可能なのかもしれません。

 

だから

中学時代あまり勉強をせずに高校進学後偏差値50に満たない実力の子は

塾に通うことを勧めます。

塾のアドバイスを基に勉強をすれば1年も勉強をすれば西南学院大学にだって十分合格できる実力になるはずです。

中学レベルの内容が分かっていない場合は1年の勉強で合格を目指すのは、可能ではありますが、現実的ではないので

高校1・2年クラス」に入ることを勧めます。

 

偏差値30台からでも高校3年の1年間で合格できる

やれば合格やらなければ不合格

「高3になったらやる気が出るはず」

「部活が終わったらやる気が出るはず」

「夏休みになったらやる気が出るはず」

「夏休みが終わったらやる気が出るはず」

「直前期にはやる気が出るはず」

ずっとやる気が出るのを信じ待っていたのに

結局やる気が出ない・・・

 

「やる気が出るはず」と思った時点で少し勉強をしたけど

1週間もしないうち

「福大くらいなら余裕で合格できるから、本気で勉強をするのはもう少し先で大丈夫」

とダラダラ。

行動に移そうと思って塾・予備校の授業を体験したものの

結局入塾には至らず先延ばし

このままではヤバいと思って9・10月ころに塾に入るが

さぼったツケが回ってきて

「問題が全く解けない」

合格するには1日10時間はやらなければならないと言われ

「そんなに勉強はできない」

専門学校進学を決める。

中途半端な状態で受験はしたものの

結果不合格…

 

合格できない子でこのような経過をたどる子は多くいるはずです。

当然、現役時にこの状況だと

仮に浪人したところで、中には大きく変わる子もいるとは思いますが、

そのほとんどが「浪人してそこ?」「浪人して専門学校?」「浪人して進学せずバイト?」

となるはずです。

やらない子はいつまでたってもやらないんです。

 

 

やる気

なんてものを待っていても出てきません。

やる気を出したいのならさっさと行動に移してください。

 

受験勉強を始めている人は

「出るはず」

なんて思う前にとっくに行動に出ています。

受験をしようと思ったらその瞬間から始めるんです。

受験を自分事にし危機感をもって

夏休み前くらいまではそこまで勉強に集中していない子も多いですが

9月ころから少しずつギアが掛かり10月11月ころには時間が許される限り勉強をするようになります。

一方、合格できない子は

「福大なら何とかなるだろう」と思い込んでいる子は9月になってからもダラダラ過ごします。

「勉強しなさい」と親・塾講師から言われている時点で受験が他人事になっていて危機感をもっていないことが分かってしまいます。

危機感がないと「合格したい」という気持ちはあっても、「でも勉強は…」となるんです。

 

公立高校入試のときは親から言われてしぶしぶ勉強をしていたとしても

福岡中央・筑紫中央・福翔といった高校に合格できたかもしれませんが

大学入試は

たとえ西南・福大レベルの大学であっても

自分の意志で勉強ができない子が合格するのは難しいです。

うちの塾では

中学生にはある程度はっぱをかけて勉強に向かわせますが

高校生は自分の意志で勉強をしようとしない子に厳しく当たることはありません。

 

投げやりな言い方になってしまいますが

やらない子は放置します(塾に通ってもお金が無駄になるので通わないことを勧めます)。

 

時には激怒し、時には励まし

やる気を出させて合格まで導いてもらいたい

ということを塾に期待しているのであればうちに塾は合いません。

そういうことをしてくれる塾に通うようにしてください。

 

予備校は放置型

フランチャイズは通ってくれればそれでOK

のところが多いので

必然的に選択肢は「厳しく接してくれる個人経営塾」に絞られると思います。

偏差値30台から目指すなら覚悟を決めて

うちの塾には高校2年の時に進研模試で偏差値30台だった子が福大に当たり前のように合格していますが、

彼らは

早い子で2年の11月から

遅くとも3年の4月までに塾に入って勉強を始めています。

入塾してからすぐに死に物狂いで勉強を始める!!

という分けではありませんでしたが

少なくともダラダラ先延ばしにせず、やらなければならないと思ったときに行動に移している時点

口だけ「やる」と言っている子たちよりも先を進んでいたことは間違いありません。

 

進研模試で福大の合否判定がD・Eであるなら

「部活が終わってから」

なんて悠長なことを言わず

本気で合格したいと思うのなら今すぐに行動にでるべきです。

 

とにかく覚悟を決めてください。

夏休みは1日5時間くらいの勉強は当たり前

2学期は学校の授業終了後3~5時間

11月ころからは時間が許される限り勉強

偏差値30台から福大に合格したいのであれば

そのくらいの努力ができなければ話になりません。

 

偏差値30台から西南・福大に合格するためにレイズに通おうと思っている子は

覚悟をもって入塾してください。

Twitterでフォローしよう