中学1年の9月(2018年)、お姉ちゃんが入塾したことが1つのきっかけになり他の塾からレイズに移って来てくれましたね。

それから昨日まで、1年も経ってないないことに驚きです。

 

 

塾での思い出を良いものにしてもらいたいと思い、何ができるかと考えましたが

特に思い浮かぶこともなく・・・

食べ物ばかりになった思い出

写真に残しておきます。

 

第一弾の「きのこの山」「たけのこの里」

個人的にはおいしくなかった・・・

特にたけのこの里

 

第二弾は

2年生4人と自分の計5人、7月19日の焼肉屋さん(訂正19日に予定していたけれど都合が合わなかったので14日だった)

2年の1学期に生徒が4人もいるのはレイズでは奇跡に近い大人数です(1人しかいない年も多いので、今年なんか中学1年生は0人だし…)

なぜこんなに多いのか、これを書いているときに気づいたのですが、

この学年の人数が多いのは元塾生のきょうだい、2017年度に塾を卒業した子の友達のきょうだい、4人のうち3人が塾につながりがあった子で

そうでなければ例年通り1人しか生徒はいなかったんだな~と、うちの塾の生徒募集方法が下手なことを改めて実感することに・・・。

そんな人数が少ない塾で学んでいたことも塾の思い出になるかもしれませんね。

個人的には一番最初に来た肉厚の牛タンが一番おいしかった(思った以上に量が多かったので最初に3人前頼んだのはちょっと失敗だった)。

次にうまかったのがチーズチヂミ、あれは癖になりそう。

 

あと、肉の写真を撮るとき、おじさんの自分は生肉のほうが見栄えが良くなるので皿に乗っている生肉を撮るのが普通だと思っていましたが

みんなが焼いているところを撮るほうが普通だと言っているのには驚きました。

いやいや、撮るなら絶対生肉でしょ!!

 

第三弾

2019年7月31日(塾最後の日)

授業終了後・・・・一応サプライズ

みんなで(3年生も1人来てくれました、ありがとう)最後のケーキ

お姉ちゃんにも最後に何か、と思ったので、家に持って帰る用のホールケーキ(授業終了後だったので渡すのが夜遅くなってしまいすみませんでした)。

(パソコン変えてからフォトショップが使えなくなり画像修正が雑ですが、頑張ってわからないように修正しました)

みんなで食べる用に

タルトとチーズケーキみたいなやつ

ティラミスが懐かしかったので1つ

中はプリン

夏っぽいゼリー

塾にスプーンがなかったので、箸でプリンとゼリーを食べてもらうことになってごめんなさい。

 

 

 

2016年12月に今の場所に移転してから中学生は誰一人として途中で辞めることはありませんでした。

なので、受け持った中学生を途中で教えられなくなるという辛い経験もしばらくの間していません。

そんな中、このような形で突然別れが来ると、しかも塾が合わないから辞めていくわけでもないので、その辛さは今までとは違うものがあります。

私個人の中にはいろいろと思い出はありますが

ここで書くようなことではないので・・・

大切な生徒の中の一人だということは覚えておいてくださいね。

 

 

環境が変わることでいろいろと大変なことが起こるかもしれません。

そのときは近くにいる大人があなたをしっかりと支えてくれるはずです。

休むときはしっかりと休んで、頑張らなければならないときは頑張ってください。

 

それでは

さようなら

向こうでも頑張ってください。

Twitterでフォローしよう