春期講習が始まる前の1月から3月を利用して基礎の復習

今までは勉強をさぼってきたけど心を入れ替え本気で勉強をしようと考えている新中学2・3年生

今は平均前後しかないけれど、福岡中央・春日といった上位公立高校に合格できる可能性があるなら挑戦してみたいという子も大歓迎です。

まずは勉強を始めよう

中学で習う内容は勉強をさぼってきた子からすると難しく思えるかもしれません。

また、やるべきことが無限にあるように感じることもあります。

なぜそのような感覚になってしまうのか?

理由は単純で

勉強をしていないから

なんです。

勉強をしていなければ問題を解こうにも何もわからないから難しく感じるのは当たり前ですし

何をどれだけやればいいのか見当もつかないので無限性を感じるに決まっています。

 

しかし、実際にやり始めると

思った以上に楽に覚えられるし(最初は塾がやるべきことを指示するのでそれをやりこなせば問題が解けるようになる)

やらなければならないことが無限にあるという錯覚もなくなります。

 

一人で勉強をするのが苦手な子であっても

塾を利用することで数カ月もすれば独力で勉強ができるようになります。

 

勉強をさぼってきた子にとってまず何よりも重要なのは

勉強を始める

ことです。

自分の意志で自分のために勉強を始める。

それができるようになれば

あとは成績が伸びるのを待つだけです。

 

レイズではよほどのことがない限り子供たちに強制的に勉強をさせることはしませんが

勉強をするのが当たり前の環境を作っています。

今まで勉強をさぼってきた子であっても

少しずつ勉強をするようになっていきます。

新学年が始まる前なら間に合う

中学校でやらなければならないことはそこまで多くありません。

新学年が始まる前の3月から勉強を始めれば

 

中学1年の内容がほとんど頭に入っていない新中学2年生はもちろん

中学1・2年の内容がほとんど頭に入っていない中学3年生であっても

福岡中央・筑紫中央・筑紫・福翔に合格できる実力にはなりますし

勉強量によっては春日・筑紫丘を目指すことも可能です。

 

そのために必ずやらなければならないのが

英語・数学の復習

です。

英語・数学ができなければ上に挙げた高校に合格するのは無理です。

嫌いだろうが苦手だろうが、英語・数学の勉強を避けては通れません。

 

現在の自分の実力以上の高校を目指したいのであれば

この時期を絶対に無駄にしないでください。

 

※ 2023年4月から中学2年になる子

新中学2年生は塾生全員が学年上位に位置しています。

定期テストの5教科合計は平均点よりも100点以上を取れていますし

フクトでは筑紫丘A判定か春日B判定を取れています。

 

こういう状況なので

学校の英語と数学の授業についていけていない子が(国語・理科・社会は独学で勉強をしてもらうのでできていなくても問題ありません)

中学3年の3月(2024年4月)に入塾を希望されてもお断りする可能性が高いです。

 

現時点なら平均前後であれば問題なく入塾できますし(在塾生と同じくらいの実力になってもらいます)

平均点を大幅に下回っている場合でも

通常授業日以外に塾に来て課題を解いてもらうという条件でも構わないなら入塾できます。

ですので

平均前後、または平均を大幅に下回っている状況からから上を目指したい場合はできるだけこの時期に入塾してください。

学年末テスト終了後

例年

学年末終了後から第5回フクト(3月の第2日曜に実施されることが多い)まで3年は1・2年の、2年は1年の復習をしています。

一般的な集団指導塾が春休みに行っていることと同じことを、この時期にやっていると思ってくれたらイメージしやすいかもしれません。

 

 

学校が春休みに入る前に今までの復習をし、春休みからは次学年の内容を始めます。

入塾を検討されている方の中には

キリがいい春休みから入ればいいかな

と思われている方が多いかもしれませんが

できるだけ学年末終了(2月中旬)ころに入塾をしてもらえると助かります。

春期講習

他の塾から移ってくる場合は2・3月と春期講習は無料

中途半端な時期に中途入塾をすると

今通っている塾とレイズへの授業料を二重に支払わなければならなくなります(本来は授業を受けていないのなら既に授業料を支払っていたとしても一部の返還請求できるのですがそれをする方はほとんどいないので)。

 

授業料が原因で2月中旬頃からの入塾をためらわないで済むように

他塾から移ってくる新規塾生に限り

2・3月と春期講習の授業料を無料にしています(転塾でない場合は3月と春期のみ無料)。

高校生は通常通りお支払いいただきます。

Twitterでフォローしよう