第二言語習得に欠かせない「単語の暗記」「文法」を重視した授業を行います。

英単語の暗記を重視

はじめて英語を学ぶ小学生に「文法」と「英単語」の両方をいきなり教えるのはなかなか難しいです。

すべての子が英語に興味を持ってくれるならいいのですが、そうではないからです。

そこで、次善の策として実施するのが「フォニックスに基づいた英単語の暗記」です。

「フォニックス」は英単語の読み書き発音の基本ルールで、このルールに従って暗記をすれば500~1000の単語を簡単に覚えられます。

「フォニックス」を利用し、周りの友達よりも多く英単語を覚えていけば、英単語をたくさん知っていることに自信を持ちもっと覚えたくなるはずです。

英語そのものに興味を持たせることは難しいですが、単語の暗記を重視する指導により、周りよりもできるという経験をさせることが動機づけにつなげていきます。

「フォニックス」で英単語のルールを覚えた後は、「サイトワーズ(頻出英単語)」の暗記に入ります。

「サイトワーズ」は「フォニックス」のルールが当てはまらず、綴りと発音が対応していないので暗記が難しいですが、「フォニックス」で英語に慣れていればそうでないよりも格段に暗記が楽にできるはずです。

英単語の暗記なしに英語ができるようにはならないので、自分のできる範囲で大丈夫ですができる限りたくさん覚えていきましょう。

文法

幸い、小学校の英語では「聞く」「話す」を中心に学ぶみたいなので、学校の授業に合わせて勉強をする必要もありません

学校の進度を気にせず、小学5年生は1年かけて「be動詞」「一般動詞」「疑問詞」を少しずつ確実に覚えていきます(1学期は単語の暗記に徹することになると思うので実際は2学期頃から少しずつ)。

6年生からは子どもたちの理解状況に合わせ、進められるところまで進めていきます。

4技能4技能と言われている現在、文法を軽視する傾向にあるかもしれませんが、文法の理解なしに英語ができるようにはなりません。

中途半端に会話表現を覚えても英語ができるようにならないので、学校の英語の成績はそこまでこだわらず正しい順序で英語を勉強していきましょう。

音読

英単語の暗記、文法の理解がある程度進んでからは音読も取り入れます。

意味の分かる英文(自分のレベルに合った英文)を繰り返し音読します。

音読をして意味があるの?と思われるかもしれませんが、意味はあります。

あまり知られていないみたいですが、音読はリスニング対策、英語で考える訓練になると言われています。

音読をして英語が聴けるようになり、英語で考えることが出来るようになる。

つまり英会話ができるようになるわけです。

受験英語ができるようになるだけでなく、簡単な英会話ができるようになればカッコいいですよね。

目標

英語を勉強するモチベーションを保つために目標を設定します。

  1. 小学校を卒業するまでに1000程度の英単語を書けるようになる。
  2. 小学学校を卒業するまでに英検4級に合格する。

難しいそうに思えますが、フォニックスを覚え英語に慣れることが出来たら余裕をもって目標を達成できるはずです。

小学生の時にこのくらいの英語の土台を作っていれば、中学を卒業するまでに英検準2級に合格するという次の目標をクリアできます。

多読

SLA(第二言語習得:母語でない言語を効果的に学ぶ理論・仮説)では「大量のインプット」が言語を効果的学ぶためには欠かせないと言われています。

どうやら、英会話スクールに通っても英会話ができるようにならないのはこれが原因の一つのようです。

英会話スクールで週に1260分~120分の授業を受けても、それ以外は英語に全く触れないのであれば、英語が使えるようになるだけのインプットが足りないのです。

レイズはどちらかと言えば小学生に英語を教えることは否定的です(小学校で必修化・教科化されたので学ぶことを避けられなくなった)

もちろん、英語が使えるようになるだけの「大量のインプット」を無理にさせようとも思いません。

しかし、小学生も英語を学ばなければならなくなった今、できる限り子供たちに楽しく英語を学んでもらいたいですし、英語ができるようになってもらいたいと思います。

そこで重視しようと思ったのが「多読」です。

塾内に子供たちが興味を示しやすい英語の本を用意し、授業時間外であればいつでもそれらを読めるようにしています。

こうしておけば、英語に興味を示すようになる可能性が高まるはずです。

英語に興味を示せば、自然と英語の本に手を伸ばし、あとは自分のペースでぐんぐん英語の力を伸ばすことができるようになるはずです。

多読は強制しません。英語に興味がないときに多読を強いられたら英語嫌いになるかもしれないので注意してください。

Twitterでフォローしよう